スキルアップのために必要な道具

世の中には数多くの資格が存在しています。今回はITの資格についてなのですが、国家資格や民間資格など、とてもたくさん存在します。

私の経験上、取得するのであれば国家資格を選んだほうがいいでしょう。特にIT系の企業は資格が必須な業界ではないと思いますが、転職のときには自分の能力を示すためにも必要になることがあるので、取得出来るときに取得してしまったほうが楽かもしれません。資格というのは取得したからいい、出来るというわけではなく、あくまで他人に自分の能力をを示すためのものなので、転職のときにはそういった指針があれば採用する側もわかりやすいというわけです。

また、民間資格でもその企業によっては推奨資格としていることがあるので、転職したい企業を調べてみてください。また、ITのことなんて全然わからないけどとりあえず、という人も資格を取得するために頑張っていることがありますが、独学でも専門学校でも、自分にあった参考書を探すことからまずは勉強はスタートします。ネットにはそれこそ資格取得のためのおすすめ参考書などの情報がたくさんあります。それらを見て候補にするのはいいですが、中身も見ずにネットで買い物をしてしまうと後悔することがあるので、きちんと書店で中身を確認したり、最初から何も分からない状態ではなく少しかじったくらいで探せば自分に合う参考書もなんとなく選びやすいのではないかと思います。

多くの人がいいと言っているからといって自分に合うかはわからないので、しっかり検討しましょう。そういった意味では専門学校に入ると情報がたくさん収集出来ていいかもしれません。例えば、プログラマーになりたいとしたら、独学だけが勉強方法だはありません。プログラマー養成素ルールやプログラミングスクールなど多くの学校が存在します。
独学なら、エンジニアの、開発案件から仕事内容まで完全網羅!サイトがおすすめです。

なりたい仕事がある場合は、独学・学校・会社の研修、どれが自分に一番合っているかを考えてチャレンジすることが後々の自分のためにもなるのではないでしょうか。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.

TOP