IT関連の試験について

どの仕事にも、その分野に関する資格があります。
医師や看護師、弁護士などのように、その資格を持っていなければ業務につくことができないような国家資格もあれば、資格を持っていなくても業務に就くことはできるけれど、スキルアップを考えるなら持っていたほうがいい資格などさまざまです。

IT関連に関してはどの職種もほとんど無資格でも、未経験でも働くことができます。
しかし、IT関連の仕事は専門用語などが多い上に緻密で高度な知識や技術が要求される仕事であるため、長く続けたり、スキルアップを図るためには資格を取得しておいたほうがいいでしょう。

IT関連の職種には、エンジニア系やプログラミング系、WEBデザイン、クリエイティブ系などさまざまな職種があり、資格にも国家資格から企業が行っている民間資格までさまざまな資格があります。

そんなさまざまな資格の中でも特に人気が高いのは
・ITパスポート
・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
・ITストラテジスト
・システムアーキテクト試験
・ネットワークスペシャリスト試験
・データベーススペシャリスト試験
・エンベデッドシステムスペシャリスト試験
・情報セキュリティスペシャリスト試験
・システム監査技術者
・ITコーディネーター
・プロジェクトマネージャー
・ITサービスマネージャー試験
・P検インストラクター試験
・インターネット検定

そのほかにもたくさんの資格試験があります。
自分がITの中でもどういった仕事に興味があって、どういった分野の技術を磨きたいのかをよく考えて、それに応じた試験を受けるようにしましょう。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.

TOP